体も心も健康になる!メリットだらけの腸活はじめよう!
子育て

保育園の寝たくない子に昼寝はストレス?廃止で起きた子供の変化とは?の記事を読んで

保育園での4歳児以降の寝たくない子供たちに昼寝を強制することはストレスになるという記事を読みました。我が家もこれから4歳児クラスへあがるためちょっと気になり感じたことも含めて紹介したいと思います。

 

この記事は

・保育園での昼寝で子供が夜早く寝てくれない

・これから保育園の年小さんに上がるという方

・昼寝ってさせたほうがいいのか迷っている方

に読んでほしい記事です

 

こんな記事を発見

多くの保育園では1〜2時間ほどの昼寝が日課に組み込まれ、保育園での昼寝は「当たり前」とされているが、足立区は2011年4月から区立保育園の年長(5歳児)クラスの昼寝を廃止。その後、年中クラスでも一斉寝かしつけをやめた。昼寝が夜更かしにつながり、生活習慣が乱れる可能性があるからだ。Y!ニュース AERAdot.参照

indigo
indigo
だからうちの子夜眠くないのか!?

江戸川大学人間心理学科教授で同大睡眠研究所所長の福田さんによると

昼寝をしないのは脳が成熟し、必要がなくなったから。自然な状態で昼寝をしなくなった幼児を不自然に寝かしつけることは、歩ける子にハイハイを強要するようなもの。昼寝した分、夜更かしになり、朝の機嫌の悪さや寝不足感など心身の状態も悪化する。無理やり寝かされることが強いストレスになっている子供も多い。

福田さんの研究によると、元保育園児は昼寝をしなかった元幼稚園児に比べて夜更かし習慣が小学3、4年生まで残り、5、6年生で就寝時刻は差がなくなるが、朝の行き渋りの頻度は元保育園児の方が高いという。

indigo
indigo
そんなところで差が出てくるとは…

足立区では、昼寝廃止直後、保護者から「子供が夕飯も食べずに眠ってしまった。」「子供が帰りのじてんしゃで寝ていた。」といった報告や相談もあったが2週間ほどで昼寝なしの生活に慣れ、夜の寝つきが「とても良い」が2倍以上になり、寝かしつけずに自分で寝る子も増えたという。

indigo
indigo
寝たくないのに昼寝って必要なのかな?

幼稚園で過去に勤務していたことのある保育園の園長先生は、この年代の園児たちに昼寝が必要なのか疑問に感じ地区周辺の保育園の昼寝を調査。するとこんな結果が

⚪︎園によって昼寝時間に1時間以上も差があること

⚪︎単に慣習として続けられていること

⚪︎休日は昼寝しない子も多く規則正しい生活とは言い難い

indigo
indigo
つまり、子供にとって必要だから昼寝をさせているわけではなくて園側の業務の都合だったり、昔からしているからさせているってこと?

保護者側から言わせてもらうと眠くない子どもを強制的に昼寝させることにデメリットしかないのであれば一刻も早くやめさせてほしい!と切に思ってしまうのですが(我が家の子供達も昼寝で疲れがリセットされて夜21時台では全然眠くならないです。)保育園側としてはそうもいかない事情もあるのが現状…

保育園では昼寝の時間を連絡帳の記入や保育士の休憩に当てているため廃止すると保育士の負担が増えてしまう。足立区では、1日4時間の非常勤職員を新たに配置して対応した
indigo
indigo
 もっと他の保育園でも足立区のように今の子供達に必要なものか考えてくれると嬉しいな〜!園長先生や行政がそのことについて考えて今の現状では無理だからって諦めずに変えていってもらえたら…

確かに保育園は保育士の負担が多いことが問題視されているし、子供が起きているとできない業務もあることとは思いますが、もしこの記事に書かれているように小学生になってから昼寝のない幼稚園出身の子どもと昼寝をして育った保育園出身の子どもに差ができることがあるのであればちょっと心配です。確かに保育園で育ったうちの子たちも3歳を過ぎてくると体力もつき昼寝を2時間もしてしまうと夜はちょっとやそっとではなかなか寝てくれません。完全に回復してしまいます。保育料無償化も始まりますが、無償化することによって財源が圧迫されたら保育士の負担が増えてますます子どものための理想の保育から遠ざかってしまうのではないかなという危機感も。

保育園では年に一度くらい第三者委員会など外部調査のような保育園の方針や業務ついて保護者にアンケートをお願いする機会があると思うので私たち保護者も変わるのをただ待つのではなく当たり前を疑問に思うことがあったりしたら、担任の先生や園長に相談するだけではなかなか変えることは難しいのかな、と思うのでもっと園の外に疑問を投げかけてみてもいいかもしれませんね。現場の保育士だけでなくお金を補助する側が耳を傾けてくれなければ現状を変えるのは難しいですよね。

まとめ

4歳くらいの子は昼寝がいらない子もいる
寝たくないのに強制的に昼寝をさせることは子どもにとってストレスになったり、夜更かしの原因になることも。
昼寝を廃止した園の児童は夜の寝つきのよくなった子が2倍以上になり、寝かしつけなくても寝れる子も増えた。
ただ、昼寝を廃止するにはいろいろと現状のままでは保育士の負担や子どもの安全面などが難しい。変えるなら私たち保護者も声をあげて大きな改革をしてもらわないといけない

何度か担任の先生になかなか夜早く寝れないことを相談して昼寝を短くできないか?とお願いしてみたことはあったけど、私も保育園は昼寝があって当たり前と認識していたのであまり深く考えたことはありませんでした。幼稚園に勤めたことのある園長先生が保育園の現状を見て疑問をもって調査をしたら、結果4歳以降の子どもに昼寝はあまり必要がないばかりか小学生になってから思わぬ形で降りかかってくるということを知ってショックでした。当たり前だからと疑問をもつことすらしていませんでしたが、当たり前になっていることが必ずしも良いことだけではないということを改めて考えさせられた記事でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました

indigo
indigo
夜更かしの原因はそれだけじゃないけどね!では、またお会いしましょう!

 

 

ABOUT ME
indigoblue
indigoblue
横浜在住。7歳息子、4歳娘のママ。本業は美容師ですが、ここでは共働きママとしてストレスレスで家事、育児をしていくための心構えや便利なアイテム、サービスなどを紹介していきます。最近取得した美腸コンシェルジュの資格を活かして美腸食や腸もみマッサージなども広めたいので今後記事に追加していく予定。ツイッターでも美腸食つぶやきます♪